鈴木石材工業
ホーム>お墓参りに行っていますか?
お墓の新設について
お墓の価格や大きさ
補修やリフォーム等
設置・施工例の案内
戒名のご案内、追加彫刻
各霊園ごとに異なる設置スペース
お墓参りに行っていますか?
安震ゲル墓守
お墓参りとは、個人を偲び、それをご縁として
仏様に手を合わせるよい機会です。
お墓参りとは、個人を偲び、それをご縁として
仏様に手を合わせるよい機会です。
命日
命日は、個人の死去の当月当日である祥月命日と、亡くなった日にあたる毎月一回の月忌とがあります。
月忌は仏壇にお花を供えるくらいでとりたててお墓参りをする必要はありませんが、一周忌以降における、
一、三、七、十三、十七、二十三、二十五、二十七、三十三周忌には法要を営みます。特に、一周忌、
三周忌、十三周忌、十七周忌、三十三周忌には、墓前の法要を営みたいものです。 通常、年忌では、
お寺、もしくは自宅に僧侶を呼び、お経を唱えてもらい、家族そろってお墓参りを行います。
お盆
お盆は、盂蘭盆経の目連説話に基づき、祖霊を死後の苦しみから救済するための仏事として行われます。
地域によって異なる場合もありますが、旧暦の7月15日を中心に、供物を供えて祖先の霊を家に迎えます。
13日に迎え火を焚き、16日におくり火を焚いて送り出します。
彼岸
彼岸は、迷いや苦悩に満ち、この世(此岸)に対して悟りの世界、浄土を表します。
また、彼岸会の略という意味もあり、春分・秋分の日を中日とした前後の7日間に仏事を行うことを指します。
これは、春分の日・秋分の日がそれぞれ国民の祝日となっているように、日本独自の仏教行事です。
「国民の休日に関する法律」には、「先祖を敬い、亡き人を偲ぶ日」とされ、本来一家揃ってお墓参りをする家族行事の日なのです。 このように、お墓参りをする機会を与えられ、それを実行することは、個人やご先祖の冥福を祈る追善供養となり、己の功徳を積むことになるのです。
お墓参りQ&A
仏滅にお墓参りをしても構いませんか?
現代の日本社会では、大安だと吉、仏滅だと凶と見ているため、「仏滅にお墓参りなんてとんでもない」と敬遠しがちです。しかし、大安・仏滅と言うのは、中国からの陰暦の注釈で、特に賭け事の世界で仏滅は勝負なしの日とされ、縁起を担いでいただけで、仏教とは関係ありませんでした。このような大安や仏滅とは関係なく、お墓参りは追善供養すると同時に、近況報告をするという意味でも大切ですから、思い立ったら吉日と、積極的に行うといいでしょう。
お墓参りの作法を教えてください。
お墓参りには、これといって特別な作法はありません。墓に行ってまずすることは、墓をきれいに掃除をすることです。そして、線香、神仏を灯す灯明、供花を供えます。墓を清め終わってからお墓参りをしますが、祖父、祖母、父、母、長男・・・の順番で行います。まずは水をかけ、線香を上げてから合唱礼拝をします。このかけ水は、墓石を清めるというほかに、仏教では亡き人に施す食べ物としての意味があり、あの世で飢え苦しみから救う役割があります。持っていくものとしては、数珠・線香・供花・ろうそく・マッチ・供えもの(故人の好物など)・掃除道具・ゴミ袋・手桶とひしゃく・植物用ハサミ等を用意すれば十分でしょう。
社長挨拶
pagetop
COPYLIGHT(C) 2009 SUZUKISEKIZAIKOGYO.co.ltd ALL rights reserved